ダイエットジムビセット[Be-set]

  • facebook
  • twitter

ジムで膝を守りながらダイエットをしたい

お腹ぽっこり体型の男性

相談者30代男性(会社員)のダイエット相談

身長が170くらいなのに、体重が100kgを超えてしまったのでジムでダイエットをがんばろうと思っています。しかし少し走ったり筋トレをしたりするとすぐに膝が痛くなってしまいます。38歳と中年男性のお腹ぽっこり体型をなんとかしたいと思っているのですが、膝が痛くならないような効果的なトレーニング方法はないでしょうか。

回答者パーソナルトレーナー白藤大佑がアドバイス

パーソナルトレーナー白藤大祐 パーソナルトレーナー
白藤大祐(しらふじだいすけ)

ダイエットジムビセットの代表トレーナー白藤です。今度こそダイエットを成功させたい!と願うお客様のために、時に厳しく時に優しく、24時間体制でダイエットをサポートしています。趣味はマラソンと筋トレ!

ご質問ありがとうございます。ジムで膝を守りながらのダイエットをお考えですね。体重が100キロ近くある場合は、やはり関節への負担が大きいと思います。無理にウエイトトレーニングやランニングをすることは最初は控えるのが良いでしょう。まずは、食事面からダイエットを考えていきましょう。

2週間程度は、3食のうち糖質を摂取する回数を1回にしましょう(夜は除く)。2週間ほど経ったら糖質を朝とお昼に摂取するようにしましょう。1食分の糖質量としてはお米で例えるのであれば約130グラム程度が良いですね。おかずとして魚を中心に摂取していき、お肉は脂身の少ない肉を選べると良いでしょう。ある程度体重が落ちてきたら運動開始です。

軽めの有酸素運動からはじめましょう。ジムにプールがある場合はプールでウォーキングをすると関節への負担を和らげることができます。順調に体重が落ちてきましたら、ウエイトトレーニングを開始しましょう。まずは、下半身というよりは上半身の胸・背中を中心にトレーニングしましょう。各部位3種目から5種目やれると良いですね。

目安は各種目3セット以上。10回をギリギリこなせる回数でトレーニングしましょう。無理にウエイトを扱うというよりは丁寧に正しいフォームを意識してキッチリトレーニングをしましょう。慣れてきたら少しずつ下半身のトレーニングを行いましょう。まずは自体重のトレーニングでも構いません。可動範囲も狭くし関節への負担を減らしながらトレーニングしていきましょう。ぜひお試しください。

このダイエット相談をシェアしよう!


あなたも白藤トレーナーにダイエット相談をしてみませんか?

こちらのページも読まれています