ダイエットジムビセット[Be-set]

  • facebook
  • twitter

糖質制限

糖質制限をしても体重が減らないというのは、脂肪が落ちたのに体重が落ちないということを指しています。しかし、糖質制限はダイエットをする上でものすごく流行っていますね。実は大きな落とし穴があるのです。

まず、脂肪を落とすためには筋肉を増やして代謝を上げることが非常に大切になります。そして、摂取するカロリーよりも消費するカロリーが上回っていれば脂肪燃焼が行われます(食べる量を少なくして低カロリーにすることも、脂肪が落ちることとは直接はつながりません)。ここで重要なのは、筋肉をつけるためには実は糖質も必要になるということです。ところが糖質制限では糖質を一切摂取しないので、筋肉の発達を鈍らせることにつながります。いくらたんぱく質を摂取しても吸収されるのには上限がありますのでこれだけでは筋肉を発達させる要素としては不十分なのです。

では、なぜ糖質制限はダイエットをする上で流行っているのでしょうか?これは皆さんも実感しているかも知れませんが、体重が落ちて見た目が変わるからです。しかし、ここでの体重減少というのは実は多くの場合、筋肉が減ることで体重が落ちていると思って良いです。筋肉が落ちればもちろん体重は減りますし、筋肉は脂肪よりも減る確率が高いのです。

筋肉はつきにくく、落ちやすい。脂肪はつきやすく、落ちにくい。これを覚えておきましょう。そして、筋肉を発達させるには糖質も必要になるということを覚えておいてください。糖質制限で落ちている体重は、もしかしたら錯覚に過ぎないかもしれません

パーソナルトレーナー白藤大祐 パーソナルトレーナー
白藤大祐(しらふじだいすけ)

ダイエットジムビセットの代表トレーナー白藤です。今度こそダイエットを成功させたい!と願うお客様のために、時に厳しく時に優しく、24時間体制でダイエットをサポートしています。趣味はマラソンと筋トレ!

こちらのページも読まれています